進む高齢化に備える|介護職に必要な資格を取ろう

放射線医療の専門家になる

ドクター

診療放射線技師はX線やがんの放射線治療など、放射線を使った検査や治療を担当する専門技術者です。大学や専門学校等で3年以上学んだ後、国家試験に合格すると資格が得られます。専門性が非常に高いことから身分は安定しています。

More Detail

熊本駅前の専門学校

看護師と患者

熊本駅前看護リハビリテーション学院が人気の理由は、100パーセントの就職率を誇ることです。また、駅前に立地しており、多くの学生の通学を支援しています。熊本駅前看護リハビリテーション学院の特徴は、万全な試験対策実施していることです。

More Detail

資格を取得しよう

介護

知識と技術の基本を学ぶ

超高齢化社会において、介護職は必要不可欠な人員であって求人が豊富である以上、資格にチャレンジする方がたくさんいます。介護職が安定的に増え、人材不足が解消されれば、介護職は大変な職業ではなくなり、多くの人がハッピーになることができます。そこで、介護資格の登竜門となる「介護職員初任者研修」と呼ばれる資格について把握しておきましょう。この資格は、通信講座とスクーリングを含めた130時間の研修を経て、研修後の筆記試験に合格することで取得できます。そして、筆記試験については、研修の基本的な内容を確認するもので、研修を普通にこなせば十分に合格できる内容です。なお、この研修を実施する介護スクールは、インターネットで検索したり、ハローワークで紹介してもらうことで探すことができます。

費用はすぐに回収できる

介護職員初任者研修が人気を集める理由は、最短1ヶ月という短期間で取得することができる点が考えられます。また、研修では実技形式の授業が積極的に採用されているため、どのような現場に対しても即戦力として働くことができます。加えて、この研修にパスすると、給料が無資格のスタッフに比べてたくさんもらえるメリットもあります。つまり、この1ヶ月の研修をクリアすることで、長期間にわたって多めの給料をもらえるようになることから、あっという間に研修分のお金は回収することができるのです。また、市町村で実施している助成金制度や、雇用保険の教育訓練給付の活用も可能で、割安の料金で研修を受けることも可能です。そして、介護職員初任者研修は、介護分野の上級資格にチャレンジする礎にもなりますから、興味のある方は、スクール選びなどを積極的に行ってみましょう。

安定した仕事に就ける道

勉強道具

医療系の大学は卒業して資格を取ると安定した仕事に就けることから人気があります。資格さえ取得すれば需要が高いため、どの大学を卒業しても現場で働くのは難しくありません。若いうちに現場に出ることの方が重要です。

More Detail